2016年8月6日土曜日

国分寺でオススメの武蔵野うどんを食べるなら「国分寺 甚五郎」

武蔵野うどんが食べたくなり、ネットで探していると、国分寺に美味しいうどん屋があることを発見。

小平うどん」が少し頭をよぎりましたが、新規開拓したい気分だったため、ネットで探した「国分寺 甚五郎」に自転車で行ってきました。

国分寺 甚五郎



国分寺駅から徒歩5分ぐらいの場所にあり、通りにはオシャレなカフェや居酒屋が立ち並んでいます。お店には駐輪場が無かったので、裏手にある公共の駐輪場に駐めました。

昭和な感じの店内





初来店の方には、「肉づけうどん」と「鴨汁うどん」がオススメとのことでしたので、「肉づけ合盛(うどん・そば)」を注文。肉づけと鴨汁では、鴨汁の方が少しコッテリとしているようです。

肉づけ合盛(うどん・そば)



注文する際に、「ウチはボリュームがあるので普通で大丈夫ですか?」と言われたため、「じゃあ、普通でお願いします。」と頼んだところ、メニューを見ると普通で麺の重量600g、、、運ばれてきた実物でこれまたビックリ!大盛りを頼む時は、よっぽどお腹が空いた状態じゃないと厳しいかも。

麺(うどん・そばの合盛)



うどん・そばを半々に味わえる合盛を頼みましが、個人的にはやっぱりうどんが美味しかったです。武蔵野うどん特有の麺は、やや茶色がかりコシがあって太く、食べ応えをしっかり堪能できます。

つけ汁(肉づけ)



肉づけのつけ汁は、やわらかい肉に濃厚な汁で、太い麺をつけて食べると口一杯に美味しさが広がります。

讃岐うどんなどは、既に東京でもメジャーですが、ちょっと普段と違ったうどんをお腹一杯に食べたいなら、武蔵野うどん「国分寺 甚五郎」はオススメです。

ちなみに、かつては駅前で2店舗を展開されていたそうですが、再開発の区画整理により、現在は統合経営して今の場所で営んでいるとのことです。

ブログランキング・にほんブログ村へ